[記事公開日]2016/07/07

大西卓也飛行士を乗せた「ソユーズ」宇宙船がISSへ向けて7月7日に打ち上げ成功!

大西卓哉さんらが搭乗し、打ち上げられたソユーズロケット=7日、カザフスタン・バイコヌール(提供:時事ドットコムニュース)

大西卓也飛行士を乗せた「ソユーズ」宇宙船が7月7日、打ち上げに成功!

大西卓也さんを乗せた「ソユーズ」宇宙船が、本日7月7日(木)の七夕の日、日本時間の午前10時36分に、無事打ち上げに成功しました!

元旅客機のパイロットで、日本人11人目の宇宙飛行士、大西卓哉さんが乗り組むロシアの宇宙船「ソユーズ」が、日本時間の午前10時36分、中央アジアのカザフスタンにあるバイコヌール宇宙基地から打ち上げられ、午前10時46分には、無事に地球の軌道上への投入に成功しました!

大西卓哉さんは、全日本航空の旅客機のパイロット出身で、昨年大活躍された油井亀美也さんに続いて、日本人11人目の宇宙飛行士として、宇宙へと晴れてめでたく出発されました。

JAXA(宇宙航空研究開発機構)が2008年に行った宇宙飛行士選抜試験で、963名の応募者の中から、油井亀美也さん、大西卓哉さん、金井宣茂さんの3人の合格者が選ばれています。

そして、昨年2015年に大活躍された油井亀美也さんに続いて、大西卓哉さんが、日本人11人目の宇宙飛行士として、七夕の日である7月7日の本日、晴れてめでたく、国際宇宙ステーション(ISS)に向けて出発されました。

『大西卓哉宇宙飛行士が油井亀美也さんに続き6月24日から長期滞在のミッションに臨む』、こちらの記事の中でも書きましたが、当初は、大西卓也さんは6月24日に国際宇宙ステーション(ISS)に向けて出発する予定でしたが、本日の7月7日に変更となっていました。

しかし、七夕の日である本日7月7日、大西卓也さんが晴れてめでたく、国際宇宙ステーション(ISS)に向けて出発されたことは、私たち日本人にとっては、なおさら感慨深いものとなったような感じがします。

 

4か月間の長期滞在中、がんなどの新しい治療薬の開発を目指す実験などに臨む

スポンサーリンク

大西卓也さんを乗せた「ソユーズ」宇宙船は、本日7月7日の午前10時36分(日本時間)に打ち上げられ、10時46分に地球の軌道への投入に成功しており、日本時間の今月9日の午後に、国際宇宙ステーション(ISS)に到着する予定になっています。

そして、大西卓也さんは、今年10月までのおよそ4か月間、国際宇宙ステーション(ISS)に長期滞在し、日本の実験棟「きぼう」を使い、新しいミッションに臨むことになっています。

具体的には、がんなどの新しい治療薬の開発や、日本では初めてとなる、ほ乳類の飼育実験としてマウスの飼育実験を行い、老化現象の解明に臨むことになるようです。

ぜひ、昨年大活躍された、油井亀美也さんに続いて、大西卓也さんにも、大活躍を期待したいと思います!

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ