[記事公開日]2016/05/31

「宇宙ホテル」試験機成功により、飛行士が放射線や宇宙ゴミの影響など耐久性を2年間調査

国際宇宙ステーション(ISS)での試験で膨らんだ「ビゲロー拡張可能活動モジュール」(NASA公開の画像より。2016年5月28日公開。AFPBB Newsより)

「宇宙ホテル」の試験機「BEAM」の膨らまし試験に成功

「宇宙ホテル」の試験機「BEAM(ビーム)」の居住用モジュールの膨らまし試験が成功しました!

一般の人でも宇宙に滞在できる、いわゆる「宇宙ホテル」の試験機「BEAM」に、空気を注入して膨らませ、居住用モジュールを大きくする作業が2回目の試みで、5月28日に無事成功しました。

NASAは、国際宇宙ステーション(ISS)に取り付けた「宇宙ホテル」の試験機「BEAM」の膨らまし試験に成功したことにより、今後2年かけて耐久性などを確かめる予定だということです。

『「宇宙ホテル」の試験機打ち上げにNASAとビゲロー社が成功し山崎直子飛行士も期待』、こちらの記事の中でも書きましたが、今年の4月9日、一般の人でも宇宙に滞在できる、いわゆる「宇宙ホテル」の試験機が、アメリカ南部フロリダ州にある空軍基地から打ち上げられ、成功したことを、NASA(アメリカ航空宇宙局)などが、発表しました。

打ち上げられた「宇宙ホテル」の試験機を開発したのは、ラスベガスのホテル王として知られているロバート・ビゲロー氏が代表を務める、アメリカの民間企業、ビゲロー・エアロスペース社です。

ビゲロー・エアロスペース社が開発した「宇宙ホテル」の試験機は、「BEAM」と呼ばれる小型のカプセルのような形で、高度400kmにある国際宇宙ステーション(ISS)とドッキングする形になります。

今年4月9日に打ち上げられた「宇宙ホテル」の試験機「BEAM」は、天才的企業家イーロン・マスク氏が率いるアメリカ宇宙企業スペースX社の無人補給船「ドラゴン」に折りたたんだ状態で搭載され、ISSのロボットアームで船体に取り付けられていました。

 

「宇宙ホテル」試験機の新技術は、将来の有人火星探査などに活用が期待

スポンサーリンク

楕円(だえん)形の居住用モジュールである「BEAM」は、アメリカの民間宇宙企業ビゲロー・エアロスペース社がNASAと1800万ドル(約20億円)の契約を交わして開発された「宇宙ホテル」の試験機であり、宇宙空間での運用試験は5月26日に初めて行われました。

ただ、1回目の試みでは、居住用モジュールを完全な大きさにまで膨らませることができない問題に直面したため、作業が中止されています。

その後の調査で、これは試験機の折りたたまれた部分が想定よりも固くなっていたためで、構造には問題はないと判断されて、作業が再開されました。

そして、今回、5月28日の2回目の試みで、「宇宙ホテル」の試験機「BEAM」の居住用モジュールに内側から空気を入れて膨らませることに、見事成功した訳です。

NASAによりますと、2回目の試みでは、宇宙飛行士が機器を操作して折りたたまれた状態の居住用モジュール(幅約2メートル、高さ約2.4メートル)に空気を入れ、7時間以上かけて風船のように丸く膨らますことに成功し、モジュールは幅約4メートル、高さ約3.2メートルに広がったとのことです。

全長と直径がいずれも2メートル余りだった試験機「BEAM」の居住用モジュールを、およそ7時間かけて、全長が4メートルで高さが3.2メートルもの大きさに広げることに、無事成功した訳なのです。

試験機は、今後1週間、空気が漏れていないかなど安全性の確認が行われ、問題がなければ宇宙飛行士が中に入る予定だとのことです。

そして、2年間にわたり定期的に宇宙飛行士が中に入って宇宙を飛び交う放射線を防ぐ性能や内部の温度変化などを検証するなどして、宇宙線や「宇宙ごみ(スペースデブリ)」などの影響による耐久性などを調べることになります。

『「宇宙ホテル」の2020年打ち上げ計画をラスベガスのビゲロー社とULA社が発表』、こちらの記事の中でも書きましたが、「宇宙ホテル」の試験機「BEAM」を打ち上げたビゲロー・エアロスペース社は、2020年にはこの技術を使って、6人が居住できる大型モジュールの「宇宙ホテル」を打ち上げる予定になっていますので、今後の動向には目が離せません。

「ビゲロー拡張可能活動モジュール(Bigelow Expandable Activity Module)」(BEAM)として知られるこの居住モジュールは、今後数十年以内に月や火星での利用も視野に入れた、拡張可能な居住空間を試験する実験の一部だと言います。

今回使われた新技術は、将来の有人火星探査などに活用が期待される新技術ですので、火星への有人探査なども含めて、将来の宇宙旅行が、ますます身近なものになりそうです。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ