[記事公開日]2016/02/27
[最終更新日]2016/04/09

宇宙人を最初に見た人間は異星人エロヒムに科学的に創造されたアダムとイブ

               アダムとイブ(アルブレヒト・デューラー画)

宇宙人を最初に見た人間はアダムとイブ

宇宙人を最初に見た人間は誰でしょうか?

宇宙人を最初に見た人間は、人類最初の人間である、アダムとイブになります。

『宇宙人エロヒムという「天空から飛来した人々」が地球の全生命を創造したとするラエル説』、こちらの記事の中でも書きましたが、古代宇宙飛行士説の代表的な説であるクロード・ボリロン・ラエルの著書『地球人は科学的に創造された』によると、地球の全生命は、非常に高度な科学を持った、他の惑星からやって来た異星人エロヒムの科学者たちによって、科学的に創造されました。

エロヒムとは、ヘブライ語で「天空から飛来した人々」という意味であり、聖書においては「神(GOD)」と誤訳されています。

つまり、聖書において「神(GOD)」と誤訳されている元々の原語は、ヘブライ語のエロヒムという言葉であり、「天空から飛来した人々」を意味する、れっきとした複数形なのです。

単数形が、エロハになります。

聖書は、地球の全生命が、他の惑星からやって来た異星人である、エロヒムの科学者たちの手で科学的に創造されたことを語っていますので、実は、聖書とは、世界最古の「無神論」の書なのです。

地球の大地(大陸)と、植物・動物、そして私たち人間は、異星人エロヒムの高度な科学技術によって、科学的に創造されたものなのです。

植物、動物、そして私たち人間は、エロヒムの高度な遺伝子工学により、科学的に創造されました。

人類最初の人間であるアダムとイブは、実験室の中で人工的に創造された「試験管ベビー」でした。

エロヒムの科学者たちは、植物や動物を創造した一番最後に、彼らに似せた知的生命体である、私たち人間を創造したのです。

『神(エロヒム)は言われた。

「我々にかたどり、我々に似せて、人を造ろう。そして海の魚、空の鳥、家畜、地の獣、地を這うものすべてを支配させよう。」

神(エロヒム)は御自分にかたどって人を創造された。

神(エロヒム)にかたどって創造された。

男と女に創造された。』(『創世記』第1章・第26~27節)

地球の全生命は、異星人エロヒムが科学的に創造したものなので、ダーウィンに代表されるような進化論は誤りなのです。

 

ダーウィンに代表されるような進化論は誤り

地球上の全生命は、異星人エロヒムの科学者たちが持つ高度な遺伝子工学により、実験室の中で科学的に創造されたものなので、ダーウィンに代表されるような進化論は誤りなのです。

現在、この地球上には、少なくとも数百万種類もの動物や植物が存在していると考えられていますが、これは、気の遠くなるような長い年月に、生命が偶然に進化してきたようなものでは全くありません。

もし生命が、単細胞のアメーバのようなものから偶然進化してきた結果だとしたら、これほど多種多様な生命が存在している筈がないということは、容易に想像できるのではないでしょうか。

実際には、ヘブライ語で天空から飛来した人々を意味する、異星人エロヒムの科学者たちと芸術家たちが協力して、様々に美しい動植物や、様々に面白い動物や、様々に興味深い動物などを、実験を重ね、洗練を重ねながら、創造していった結果なのです。

私たち人間は、初めから人間として創造されたのであり、決してサルから進化した訳ではありません。

そして、実験室の中で人工的に創造された、人類最初の人間がアダムとイブであり、アダムとイブは「試験管ベビー」でした。

そして、アダムとイブが創造された実験室は、「エデンの園」と呼ばれていました。

 

「エデンの園」とは古代イスラエルの地にあったエロヒムの実験室のこと

スポンサーリンク

エロヒムの科学者チームはいくつかあったのですが、現在のエルサレムの辺りになる古代イスラエルの地にあった科学者チームは優秀であり、ここの実験室で、人類最初の人間であるアダムとイブという「試験管ベビー」が科学的に創造されたようです。

エロヒムの科学者チームはいくつかあったのですが、現在のエルサレムの辺りになる古代イスラエルの地にあった科学者チームは優秀だったので、その地にある動物は最も美しく、その地にある植物は最もかぐわしいものだったと言います。

そして、そこは「エデンの園」と呼ばれていました。

後に、他の地にいた科学者チームも、彼らに似せた知的生命体、即ち人間を創造することになりますが、「エデンの園」と呼ばれた古代イスラエルの地で創造された人間が、最も高い知性を持っていたようです。

 

人類最初の人間であるアダムとイブが、宇宙人エロヒムを最初に見た人間

人類最初の人間であるアダムとイブは、古代イスラエルの地にあった「エデンの園」と呼ばれた実験場の中で暮らしていましたので、宇宙人を最初に見た人間は、アダムとイブということになります。

創造者であるエロヒムによって科学的に創造された最初の人間であるアダムとイブが、「天空から飛来した人々」を意味するエロヒムという宇宙人を、最初に見た訳です。

アダムとイブは、後に、彼らが創造された秘密である「禁断の果実」を”食べて”「楽園から追放」されるまでは、科学には無知な状態で、何不自由なく「エデンの園」で暮らしていたと言います。

エロヒムの科学者たちが、この地球でついに、彼らに似せた知的生命体、すなわち人間を創造した時、エロヒムの惑星では大問題となったようです。

もし、彼らに似せて創造した知的生命体である人間が、エロヒムを上回る能力を持っていた場合、エロヒムにとって脅威になると考えたからです。

そこで、エロヒムは創造物である人間がエロヒムを上回ることがないように対策を講じる必要がありました。

エロヒムの惑星政府は、科学者たちに対して、地球で最初に創造された人間であるアダムやイブに、どのようにして彼らが創造されたのか、また、エロヒムとは何者なのかを明かすことを厳禁したようです。

そして、創造物である人間に科学の偉大な秘密を教えず、科学に無知なままにして、人間たちの知識が限られたものになるように仕向けました。

そして、創造物である人間が、エロヒムに対して畏敬の念を抱き、超自然的で神的な存在であるように思わせるようにして、彼らの活動を神秘化したのです。

人類最初の人間であるアダムとイブは、彼らがどのようにして創造されたのか、そしてエロヒムとは何者なのかという秘密を明かされることなく、科学には無知な状態で、「エデンの園」と呼ばれた実験場で、何不自由なく暮らしていたようです。

そして後に、アダムとイブは、「禁断の果実」である科学の書の秘密を知らされて、「楽園から追放」されることになります。

ですから、「天空から飛来した人々」を意味するエロヒムという創造者を初めて見た人間は、アダムとイブなのです。

エロヒムという宇宙人を、人類史上最初に見た人間は、一番最初に実験室で創造された「試験管ベビー」である、アダムとイブということになります。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ